浴室をカラッとリフォーム

湿気がちな浴室ですが、乾燥機を設置するとカラッとしやすくなります。

普段から換気を心がけていても、天候によっては外の湿度が高くて乾燥しなかったり、乾燥に時間がかかってしまうためにカビの抑制を防げない場合もあります。乾燥機を設置すれば、お湯張りして入浴したあとに湿気が充満している状態でも、一晩で乾燥します。浴室乾燥機を設置するには、全体的なリフォームが必要になる場合があります。洗濯機や乾燥機を洗面所に設置するのとは手順が異なるからです。基本的に天井に設置するスタイルになりますので、天井と壁の強度を補強します。

もちろん、強度が充分であれば、簡単な設置作業で施工は完了します。浴室乾燥機を設置するためのリフォームでは、濡れている床面も乾燥させるために、空気の循環が良くなるように設置場所が決められます。もしも消えずに残っているカビがあるのなら、このときに相談しておきましょう。

カビ除去のリフォームも同時に施工してもらえば、コスト削減になるからです。別々に施工すると、それぞれに工事費が発生してしまいますが、同時に施工できるリフォーム内容であれば、一日の出張工事費で済ませられます。湿気がちな浴室ですが、リフォームによって乾燥しやすく改善できると、清潔な環境になります。カビは胞子が残っていると増えてしまうため、一度は根絶しておきましょう。カビを根絶した状態と、乾燥しやすい環境が、衛生的に維持管理しやすい浴室のポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です